秘密は厳守いたします。安心してご相談ください。

FX投資に誘い1億1500万円だまし取った疑い マッチングアプリで知り合った男(岡寛仁)逮捕

「婚活アプリ詐欺」で逮捕男「世の中にはだます奴がいっぱいいるからオレでよかった」1億1500万円をむしり取られた「銀座ホステス」の告白(その1)

令和4年2月14日
デイリー新潮 - 引用

 

「慶応に幼稚舎から通っていた」もウソ

 

京都府警は2月9日、婚活アプリで知り合った銀座ホステス(36)と結婚を前提に交際し、カネを預けてもらえば元本保証をしたうえで毎月配当金を支払うと約束し、合計1億1500万円をだまし取ったとして、詐欺容疑などで岡寛仁容疑者(34)を逮捕した。世間では手練手管とされている銀座のホステスがいかにしてだまされたのか。ウソで塗り固められた岡容疑者の手口について、ホステス本人が語る。

 

「岡容疑者とは2021年3月、婚活アプリ『P』を通じて知り合いました。新型コロナの影響でホステスを辞め、京都に居を移していたころです」
と話すのは、銀座ホステスの武田良子さん(=仮名)。北川景子似の美人である。

 

「その後に1億1500万円をだまし取られ、6月に警察に被害届を提出しました。捜査の過程で、岡容疑者は独身ではなく妻帯者で子供がいること、慶応に幼稚舎から通っていたことや司法書士などの資格を持っているなどと言っていたのも全てデタラメ、20億とも語っていた預金などないこと、生年月日を偽っていたこと……など、挙げればキリがないほどのウソを重ねていたことがわかりました」

 

岡容疑者にだまし取られた現金は、重い直腸がんを患う母と難病を発症した父の治療費のために生命を削って貯めたものだった。

 

「私自身、大きく傷つき人間不信になってしまうほどショックを受けましたが、2度とこのようなことが起こらないようにということで、恥を忍んで今回お話しすることにしたのです」

 

“嘘は本当につかないですね”

 

良子さんは結婚を前提にした交際を望み、婚活アプリに登録していたところ、岡容疑者とマッチングするに至ったのだが、アプリ内での会話やその後のLINEでのやり取りを通じ、将来を約束する間柄にはなり得ないだろうと感じ、「交際することはない」と岡容疑者に伝えていた。以下、LINEのやり取りも交えながら、2人の関係を振り返っていく。

 

2021年3月11日の岡容疑者からのLINEには、〈貯金1億? 株1億5000万? 不動産?〉などという文言が確認できる。

 

「これは私が彼に、資産額として貯金1億、株1億5000万、不動産5000万といったものがあると話していたことに基づいています。今振り返ってみれば、私が伝えていた貯金や収入の額だけに興味があったのでしょう。伝えるべきではなかったと後悔しています」(良子さん、以下同)

 

貯金の1億円は数年前に母名義で預金していたもので、株の1億5000万円は、USリートという不動産投資信託に約1億円、楽天証券のFX投資に5000万円という内容を指している。

 

岡容疑者に「交際はない」と伝えたものの、それ自体がちょっとキツすぎたのではないかと感じた良子さんは、翌12日、岡容疑者に謝罪するつもりでメッセージを送ってしまう。

 

「ちょっとしたやり取りの中で、唐突に“今日会えますか?”と言ってきました。当時私は美容クリニックの治療直後で顔にカサブタがあることを理由に断ったところ、六本木、恵比寿、新宿にマンションを借りていること、不労所得が月に950万円あること、宅建、行政書士、司法書士の資格を取得していることを問わず語りに告げられました。加えて、“嘘は本当につかないですね。お金の事や約束事は特に!!面倒ごとだけは、本当に嫌なので”とのメッセージも届いたのです」

 

1億の貯金は使えないのか

 

資産家であるうえに、複数の資格ホルダーで誠実なキャラクターであることを訴える岡容疑者はこんな風に畳みかけてきた。

 

〈1.5億入れて(得られる配当が)300(万円)ならちょっと利益率低い気がしますが〉
〈月500で本当に良いなら、3ヶ月有れば、余裕で行けますよ!〉
〈稼ぐだけなら月2000は固い〉
〈1.5億フルで使えて、良子さんが本気で僕と同じ事できるなら、絶対に月3500(万円)まで行けます〉
〈FXです。それ以外無理ですよ〉

 

要するに彼女ほどの資産があるのならば、月2000~3000万円稼ぐなんて「余裕」だ、と言っているのだ。この勢いに押されてか、前述の通り良子さんはFXに5000万円を入れており、それが塩漬けになっていることも伝えてしまった。

 

「彼から“FXに使えるカネは1.5億だけなのか。1億の貯金は使えないのか”と繰り返し尋ねられ、貯金は投資に使えないことを伝えると、“縁があって、好きだったから、かっこいいとこ見せたいし、助けたい(ハートマーク) 浪費してなくて、予定もないなら、明日にでも投資信託解約すべき”と急かすようなメッセージを送ってきました。いつの間にか私は『FXの最速解約可能日』を彼に伝えてしまっており、その日に会おうという提案を受けつつ、私がFX自体への不安を伝えると、私が住んでいる京都まで来るというのです」

 

元本保証で月に1000万円の利益

 

13日になって岡容疑者は、東京から京都駅までやってきた。2人はこれが初対面だ。身長175センチほどで、服の上下と靴がDior、DITAのサングラスに腕時計はロレックスの中でも高級な部類に入るもの……という出で立ちでやってきた彼は単刀直入にカネの話を振ってきた。

 

「月にいくら欲しいのかと聞かれて、“500万円くらいは欲しい。両親の医療費がとてもかさむから”と答えました。彼からは叔父から引き継いだ会社があり、その会社で得たカネをFXで増やしたこと、預金が現在20億円ほどあることを伝えられました。さらに、FXを真剣に勉強するなら教えてあげてもいいし3日もあればマスターできるとか、彼にカネを預ければ手数料を差し引いた上で配当金を渡すことができるとか、過去にそのようなことを何度もやってきたと言っていました」

 

岡容疑者は、「元本保証をしたうえで月に1000万円は余裕で利益を出せるよ。良子さんを助けたいから自分自身の投資分を一部解約して、良子さんのためのFX資金に追加して運用する。世の中にはだます奴がいっぱいいるからオレでよかった」などと言ってきた。

 

フェラーリやベンツのゲレンデなど8台保有

 

この日、良子さんは大阪にある美容クリニックでの診察があるため移動する必要があり、岡容疑者もこれに同行した。「新幹線のグリーン車にしか乗らない」という彼が2人分の切符を購入したという。

 

新幹線の中では、「幼稚舎から慶応に通った」「家業を継がないといけなくて少し悩んでいる」などと語る岡容疑者に、「お坊ちゃん育ちで宅建、行政書士、司法書士の資格もあり、貯金が20億円もあるというキャラクターは十分にあり得ると思ってしまいました」と良子さんは振り返る。

 

クリニックでのカウンセリングが終わると岡容疑者は、「治療の見積もりを見せて欲しい」と言う。80万円ほどの内容に、「FXで稼いだら、クリニック行きまくればいいよ!」と言ってきた。「やはりFXは岡さんがやれば儲かるのだな」――。それが良子さんの偽らざる心境だった。

 

この時、岡容疑者は不意に「見たい時計がある」といい、良子さんを時計店に連れ出す。そこで彼が欲しがったのは、文字盤やフェイスにもすべてダイヤがついている5000万円ほどするタイプの腕時計だった。

 

ショッピングの傍らも彼は、「趣味は時計とクルマ(フェラーリやベンツのゲレンデなど8台保有)」「毎日、朝6時に起きて日本橋の会社に行っている。自分が社長」と身の上を語りつつ、「てか、元本保証もしてもらって毎月700とか1000(万円)とか入ってきて、しかも手数料取らないのに、嬉しくないの?」と投資への勧誘が続く。良子さんが生返事をしていると、「全然ダメ、感謝の仕方がなってない」と繰り返されるのだった(その2へ続く)。

 

【銀座ホステスの告白】婚活アプリで1億1500万円詐欺逮捕男の口癖は「元本保証で月1000万円入って手数料取らないのに嬉しくないの?」「少しくらい誠意見せてくれても良くない?」(その2)

令和4年2月14日
デイリー新潮 - 引用

 

誠意見せてくれても良くない?

 

京都府警が詐欺容疑などで逮捕した岡寛仁容疑者(34)。婚活アプリで知り合った銀座ホステス・武田良子さん(=仮名、36)から合計1億1500万円をだまし取った件について訴追されたものだ。その手口について武田さん本人が語る第2回は、東京から急遽京都へやってきた岡容疑者と交際することになり、FX投資のためにカネを預けて毎月配当を受け取る約束を交わした一方で、その見返りに高級時計を買わされるハメになった顛末について――。

 

前回お伝えした通り、2人で大阪に出向いた折、岡容疑者は良子さんに対し、「元本保証もして毎月700とか1000(万円)とか入ってきて、しかも手数料取らないのに、嬉しくないの?」と投資への勧誘をしつこく続けた。良子さんが生返事を続けると、「全然ダメ、感謝の仕方がなってない」の繰り返し。

 

そのやりとりに倦(う)むような気持ちを抱いていたところ、唐突に「良子さんと付き合いたいですが、もう無理ですよね?」などと何度か囁いてきた。

 

これまでの説明を真に受けてしまっていたため、「ちゃんとした家柄の方のようで預金もたくさんあり、資格もあって仕事もきちんとやっている人で交際しても損はない」と考えた良子さんは、「別に付き合ってもいいよ」と良子さんは了承。すると、なぜか「時計が少し見たい」と岡容疑者が言い出し、先ほど訪れていた時計店に戻ることになった。

 

腕時計を見つめつつ岡容疑者は、「どの時計が良いと思う? これならそんなに高くないね。銀座の店ではたくさん購入しているんだ」と自慢し、「良子さぁ、俺あり得ない次元の話してるんだから、少しくらい誠意見せてくれても良くない?」と不貞腐れたように呟く。

 

結婚前提の交際だからカネを全部預けて

 

相当な利益が確約される投資の見返りとしてロレックスをおねだりしていたわけだが、良子さんの反応が鈍いと、「ホント全然ダメだ。投資もやめとこっか」とさらに不機嫌になる。良子さんとしては交際をとりあえず承諾したものの、投資を彼に委ねると言ったことも、そのつもりもなかったのだが。

 

大阪から新大阪までタクシーで移動し、喫茶店に入店。そこで岡容疑者の何度目、いや何十回目かの説得が始まった。

 

岡容疑者は、大要以下の通り話したという。

 

「本来なら、出た利益分から手数料を取るのだけど、彼女だから取らないでおくね! 元本保証もするし、良子が損をすることは絶対ないよ」「良子が好きだから気持ちだけでやっているだけだし、俺には何のメリットもないでしょ? 世の中こんな話ないよ!」「良子の両親の病気とか考えたら短期間で稼いで、一緒に沢山思い出を作った方がいいよ」「結婚前提の交際だからカネを全部預けてほしい」「本来なら利益分から手数料を取るが、彼女だから取らない」

 

これに対して良子さんは「育ちも頭も、身なりもよくお金持ちで、FXで儲けているのだろうな」「まだ実際にお金を預けているわけではないし、具体的な話だけでも聞いてみてもいいかな」と思い、「実際に預けたら、どんな風になるの? FXのことあまり知らないし、不安かなぁ」とつい聞いてみた。

 

僕に何かメリットあるか?

 

すると岡容疑者は、勝負どころだとばかりに畳み掛ける。
「当たり前だが身分証も見せるし、カネの授受に関する契約書も交わす。銀行振込にして履歴も残す」「元本保証で、投資信託以上の毎月配当があって、こんな話はない。良子さんを助けたい! という気持ちだけでする」「僕に何かメリットあるか? 時間も体力も使って得るものは何もない」「始めるならば途中でやめたいなどと僕は言わないし、良子さんも言わないで」「約束は必ず守る男なので!」「もちろん別れたとしても良子さんが継続してFX投資をやってほしいと言うならします」などと語ったという。

 

良子さんはその熱意にほだされるように、つい「お願いします」と返事をしてしまった。「元本保証もしてくれて、契約書も交わす、銀行振込で、身分証もみせる、高価なものを身につけていて高級なものに対する知識もある、祖父から会社も引き継いで資産もある」というのが自分なりに考えた承諾の理由だった。

 

すると岡容疑者は唐突に、「良子さん現金持ってないのですか?」と言い始めた。あまり現金を持ち歩かないと答えたところ、次は「キャッシュカードとかは持っていませんか?」と聞いてくる。彼の真意はこうだ。

 

クレジットカードは持ってないですか?

 

「僕は真剣に良子さんの投資に向き合うので、誠意みたいなもんがみたいんですよね。たとえ5万10万でも、今すぐ僕に預けて、お願いします! みたいな。わかる? こんな話、普通ないから、良子さんにも少しくらいのリスクを負って、誠意を見せて欲しいんだ。交際するのとは別にビジネスとしてとらえて欲しい。ビジネスなら一方的に“givegivegive”ってことはなくて“give&take”でしょ?」

 

「今まで頼まれて、FXで増やしてあげたことがたくさんあったけど、みんな初めは疑うくせに、実際手元にカネが入ってきたら、高級車買ったり、それをSNSにあげたりする。疑ったり文句言ったりしたことを忘れるんだよ。そういうのが凄く嫌でね……良子さんはそんなことする方だとは思いませんが。そもそも、そうやって増やしてあげた人からは手数料を貰ってるんですよ。でも、良子さんの場合、手数料もなく元本保証もされ、ノーリスクすぎる。だから今少しでもお金を入れて欲しかったんです!」

 

岡容疑者は続いて、「クレジットカードは持ってないですか? 上限いくらですか?」と尋ねる。詳しくなかった良子さんは「500万くらいかなぁ」と答えると、「じゃあ、さっき見ていた時計が買えますよね! 本当に上限500ですか? カードが切れない(決済できない)と恥ずかしいですから確認できませんか?」と言う。

 

銀座の担当はいつも値引きしてくれる

 

時計店に戻る道すがら、「上限300万円、ただし既に50万円程使っているので、残り250万くらいしか使えない」ことがわかると、「じゃあそれで時計を買おう! 俺もそのぶん頑張るし! まぁ配当分で時計代なんて、すぐ取り返せるから心配はいらないよ! しばらくは困らないような生活費も渡すから! だって彼女でしょ、当たり前じゃん!」

 

目当ての腕時計を見ながら店員に値引き交渉をするも断られると、「僕はロレックスが好きで、銀座店の方でたくさん購入しているんです。購入履歴を聞いたら、ビックリするよ! 銀座の担当はいつも値引きしてくれるから、電話してきいてみて」と言った。

 

戻ってきた店員は恭しく「岡様いつもご購入有難うございます。本来ならあまりないのですが、たくさんご購入いただいていることもあり、5%値引きさせてもらいます」と言ってこう続ける。「そういえば、岡様の履いてらっしゃる靴、一時期、上顧客限定で販売されたAir Diorではないですか?」

 

「よくご存じですね! 僕はDiorの服しか着ないですし、年間かなり買ってるんです。なのでこの靴も、本来なら買うのですが、僕はもらいましたね!」

 

FXの取引する部屋はセコムつけてる

 

実際はそうではないのだが、店員もグルなのかと思われるようなこのやり取りを目の当たりにし、「お金を預けても大丈夫だ」という錯覚に陥り、265万円相当の時計も彼のために購入してしまったという良子さん。この後、時計店の近くで食事をとることになったが、ここでもカネの話ばかりだった。

 

「毎月の配当は月700(万円)位でいい?」「グランフロント大阪オーナーズタワーに部屋を借りて、週1回は会いに来るね。そこで、俺がFXの取引するのを見ていたらいいよ」「東京のマンションはFXの取引する部屋はセコムつけてる」「前の彼女には(ママ)その部屋絶対に入れなかったし、FXしてることも言わなかった」「付き合うことになったから一緒に指輪を買おう。ハリー・ウィンストンがいい?」「僕たちは結婚するのだから、良子がお母さんに購入しようと思ってるマンションも僕が買ってあげるから、貯金も投資に回そう」「結婚したら、僕の資産は良子のものだから、一緒だから心配いらないよ。結婚したら、貯金の半分あげるね、そうしたら安心するでしょ」

 

繰り返しになるが、貯金の1億円は数年前に良子さんの母名義で預金していたもので、株の1億5000万円はUSリートという不動産投資信託に約1億円、楽天証券のFX投資に5000万円という内訳になっている。FX分は2500万円の含み損を抱え、塩漬け状態だった。

 

俺が裏切る事は絶対にない

 

帰路に就く中、岡容疑者はこんな話をした。
「以前FXで資産を増やしてあげた女性がいたんだ。もちろん付き合ってなかったから手数料はもらったけど、半年で1億を5億にしてあげたんだ。ただ、その半年の間こっちは真剣にやってるのに、まだ増やせないのか? 今いくらなんだ?と執拗に連絡がきてウンザリ。良子はしないと思うけど、途中でどうなってるんだ、やっぱりやめたいとか言わないでね」

 

別れた後もLINEのやり取りが続いた。

 

それでも「USリートを解約した場合、不労所得がなくなり生活が出来なくなるから、配当が貰えるまでは手元にお金を少し残しておきたい」「貴方に渡した時計代も支払えなくなるので」と不安になった良子さんに対して、「全て解約して出金したら、十分なお金を渡す」と約束している。

 

「良子の事しか考えてないし、幸せにするから、信じてついてきてほしい」「誠実に裏切らず、悲しませる事せず、幸せにするので、側にずっといてください」「俺が裏切る事は絶対にないので、良子が『報連相』をして言うことを聞けるかどうかだよ」「結婚したい」「プロポーズ楽しみに待っててね」「良子は俺以外との結婚はできないよ」「やっと運命の人に会えた」「プロポーズは任せておいて」「俺を頼って」「人生かけて幸せにする」「愛してる」と歯の浮くような言葉が続く。

 

常識的に見れば、だまされるはずない、と思われるかもしれない。まして良子さんは仕事柄さまざまな男性を見てきた経歴の持ち主。しかし、そこがプロの詐欺師の腕だ。

 

良子さんによると、「この時の私は洗脳され、岡を信じてしまっていました。岡と婚約している、と本気で思っていました」(その3へ続く)

 

「今日みたいに最速で振り込めよ」「解約で5億くらい損が」「契約書に拇印も押すからそれが身分証」1億1500万円詐欺男の口座が凍結されるまで【銀座ホステスの告白】(その3)

令和4年2月14日
デイリー新潮 - 引用

 

月700万円の配当は嬉しいですか?

 

京都府警が詐欺容疑などで逮捕した岡寛仁容疑者(34)。婚活アプリで知り合った30代の銀座ホステス・武田良子さん(仮名)から合計1億1500万円を巧妙にダマし取った手口やその後、岡容疑者の口座が凍結されるまでの経緯について、良子さん本人が明かす。

 

「初デート」ですっかり洗脳されてしまった良子さんは、両親に結婚前提で岡容疑者と交際することを伝えた。その際に両親から職業を聞かれたため、岡容疑者に尋ねると、「家業は名古屋にある建設会社で投資もしてるで良かったのに」「オカテツ工業株式会社って会社で」とLINEで返信があった。父親が社長、支社は東京の日本橋にあるといい、「実際にホームページが存在し、会社が名古屋に所在し、父親の顔写真もあり、信用してしまいました。岡本人から家族写真を見せられていたのです」と良子さん。(現在、オカテツ工業株式会社のHPは削除されている)。

 

一方、FX(約2500万円)と投資信託(約1億円)を解約し、岡容疑者に出金日がそれぞれ3月16日と23日ごろになる旨を伝えた。彼は「日にちナイス!FX投資の予定組むね!」とLINEで返信をしてきた。

 

その解約金から岡容疑者は1.15億円を預かり、この元金は保証すると同時に月々700万円の配当を支払うことを約束している。「元本保証、月700(万円の配当)は嬉しいですか?」とメッセージにもある通りだ。

 

メッセージのやり取りはあったとはいえ知り合って間がなく、会ったのは1度だけの男に1億円以上のカネを預けるとは尋常ではない。しかもその言葉の通りなら利率にして年間70%を超えるリターンとなる。

 

この5億を補填できるの?

 

良子さんは「冷静さを失っていた」と後悔するのだが、それでも、「命を削って貯めたカネを預けるにあたり借用書を交わしたい」と伝えたところ、翌16日に京都へやってくるという。良子さんは1億円の投資信託が出金されてからでよいのではないかと提案したが、岡容疑者の態度は豹変した。

 

「借用書交わさず、信用だけで(FXを解約した)1500(万円)の振込は、良子にはできないでしょ?」「今月から700(万円)渡すから、良子も素早い行動をしてほしかった」「これはビジネスの話ね」

 

良子さんが「落ち着いて会いたいです。この1週間を焦る意味がないと思う」と伝えると、「1週間を焦っていることはなく、やっぱりこうなっちゃうよね」と岡容疑者。実際に彼は一刻も早く1500万円を回収したいと焦っていたのだが。

 

「ちょっと俺も怖いから、やはり利益(手数料)は貰います」「俺が1番嫌だって言った前の女の子(1億を5億に増やして上げた方)と同じ行動だよ。途中で辞めるって言葉出さないって約束したのに」「良子はリートもFXもお利口さんに約束守って辞めたわけで、今不安な気持ちが強いと思うからこうなってるだけ。俺も人として約束守るし、ぶっちゃけ早く信じて欲しいんだよ」

 

身分証の提示を拒否

 

突然の豹変ぶりに不信感を抱いた良子さんに、岡容疑者は、「不安なのは俺も同じだ。今回の投資プランを組むにあたって投資先を損切りすることになったが、そういった不安な気持ちは一切伝えないようにしている。全ては善意で、好きじゃなかったらやるわけがない」といった内容の長文のメッセージを送ってきた。

 

良子さんは謝罪し、この日2人は京都のホテルグランヴィアで落ち合うことになった。部屋に入ってから岡容疑者の説得が始まる。

 

「良子のために自分の投資を解約して5億くらい損が出ている。今さら辞めると言われて、この5億を補填できるの? 払って欲しいと言っているわけではなく俺はそのくらいの覚悟で取り組んでいる。FXで2500万円の損失が出ているから不安なのもわかるが、月に700万円の配当を4か月でも受け取ればむしろプラスになるんだよ」

 

岡容疑者から「契約書、元本保証、毎月必ず700万円の配当、辞めたくなったら即返金する」と念を押されたのに加え、投資信託を解約したことで不労所得がなくなり、FXでは2500万の損失がでており、「誠意」のための時計に265万円を費やしてしまっていたので、良子さんとしても「今さら後に退けない」という思いがあった。実はこの時、身分証の提示を求めたのだが、岡容疑者は「もう婚約もしてるのに? 愛が消えるからやめようよ! 契約書に拇印も押すからそれが身分証だよ」と拒絶したという。

 

この時に結ばれた契約書の岡容疑者の氏名と住所は偽のもので、有印私文書偽造容疑でも逮捕されることになった。

 

「また今日みたいに最速で振り込めよ」

 

2人はそのままホテルに宿泊し、肉体関係を持ったが、それ以降、そういった関係になることはなかった。明くる日、FXの解約金が口座に入金されるのを待ちつつ周辺を散歩する中で、「明後日もまた(父親の経営する会社がある)名古屋に行くんだ」と岡容疑者。出張が多いことに労いの言葉をかけると「家柄も良くて、ちゃんとしてて投資も上手で。俺、神だからね」と話したという。

 

結局その日は口座に入金されず、2人は別れた。17日になってFXの2500万円分が良子さんの口座に反映されたことを受け、そこから1500万円を岡容疑者の口座に振り込んだ。

 

岡容疑者からは「確かに振込されてました!! 確認しました!」「良子もちゃんとやることやってくれてる。お互いどんどん信用を増やして安心して欲しい。とにかく今月からの不労所得期待してて」「まぁ俺がどれだけすごいか見てて」「とにかく月末から期待しててね」「多分1000(万円)手前いけるかも。23,24日に投資信託の解約分が返ってきたら、また今日みたいに最速で振り込めよ」などといったメッセージが送られてくる。

 

良子さんが所用で東京に行った時も、「今日は帰ったらFXやるから会えないかも」「良子の為に今月は全て金儲けですが」との理由で会えず。本当にFX投資に向き合ってくれているものと思っていた彼女の元に3月25日、投資信託の解約金約1億円が入金され、これを岡容疑者に振り込んだのだった。

 

フェイクの誕生日を祝う

 

その後の3月30日、岡容疑者は約束通り、良子さんの口座に配当金として1000万円を振り込んできた。感謝する彼女に「やっぱりお金が全てだと完全に思っちゃったのと、神になりたかったからかな?笑」(LINEの文面)との言。

 

他方、1000万円クラスのロレックスの画像を送り付け、「これどう思う?」と尋ね、良子さんの反応が鈍いと、「良子ってケチだよね。こないだ振り込んだ1000万あるのに使わないんだ」と恩着せがましく言ってきた。このうち265万円は岡容疑者の時計代に消えたとも言えるのだが、お構いなしだった。

 

4月3日は岡容疑者のバースデー。と言っても後になってフェイクだということがわかるのだが、2人は京都のパークハイアットで過ごした。「言われていた誕生日を共に祝うことができて独身だと改めて信じた」という良子さんはこの際に500万円を岡容疑者に渡している。

 

相前後して、1日に100を超えていた岡容疑者からのLINEメッセージの頻度は明らかに下がり、愛をささやくことも極端に減っていく。「不安感が強い」と精神的な不調を訴え、以前のようにFXができなくなったと言い、案の定というか、4月分の振り込みはなく、良子さんは不信感を募らせていく。

 

振込は遅れ、約束の金額に程遠く

 

法人税や住民税などの支払いに窮していることを伝えると、「早く会いたすぎるよ。大きいの(投資案件)終わるまで満足行く金額じゃないかもしれないけど、許してくれるかな?」とのメッセージ。5月15日に振込はあったものの、320万円と約束の700万円には程遠い。

 

5月31日、京都にやってきた岡容疑者はたった2時間の滞在で東京へ戻った。カネの話はエスカレートして「母親名義の1億円の預金を投資に使えないか?」と迫られ、あまりのしつこさに「母が全部使った」とかわしたという。

 

5月分の振込もなく「両親の治療費などもあるため頂くのは難しいでしょうか?」とメッセージを送ると、「全部返金するのでお別れしたい」と返信がきた。6月4日のことだ。フェイドアウトの可能性が現実味を帯びてきた中、良子さんは3日後の7日に地元の警察署に相談を持ち掛けた。

 

一方で、連絡が途切れないようにすべく、「やり直したい」旨を岡容疑者に向けると、彼は「あと5000万円ない?良子が母親にプレゼントした実家を売ったらいいじゃん。それならFXで余裕を持って稼げる。デカいの入ってきたら良子に10(億円)渡して本当は辞めたい」などと伝えてきた。試してみたい投資案件で150億円儲かるという青写真を描いていたようだ。

 

そんな中で迎えた6月10日、岡容疑者は「怖すぎるんだけど口座も凍結されて、詐欺の疑いがあるって言われたんだけど、これって何なの?」(LINEの文面)と伝えてきたのだった。(その4へ続く)

 

「離婚する予定なので嘘言った覚えも」「これ以上の誠意は見せられない」1億1500万円詐欺男「逮捕の瞬間」の言葉とは?【銀座ホステスの告白】(その4)

令和4年2月14日
デイリー新潮 - 引用

 

出会ってわずか10日ほどで

 

京都府警が詐欺容疑などで逮捕した岡寛仁容疑者(34)。婚活アプリで知り合った銀座ホステス・武田良子さん(=仮名、36)から合計1億1500万円をダマし取った疑いがもたれている。今回は京都府警が捜査に着手し、岡容疑者の口座が凍結され、妻帯者であることなどが判明してから逮捕されるまでのやり取りについてお伝えする。

 

これまで報じてきたように、良子さんと出会ってわずか10日ほどで計1億1500万円を振り込ませた岡容疑者は、体調不良を理由に徐々に距離を置き始めた。配当を1カ月700万円支払うという約束もすぐに反故にされ、良子さんは不信感を募らせていく。

 

そして迎えた2021年6月10日、岡容疑者は「怖すぎるんだけど口座も凍結されて、詐欺の疑いがあるって言われたんだけど、これって何なの?」と伝えてきた。実は良子さんからの相談を受けた京都府警が捜査関係事項照会書をもとに金融機関への照会をかけ、詐欺犯罪に使われている可能性があるということで岡容疑者の口座凍結に動いたのだった。

 

相前後するが、岡容疑者は、「東京ならこんな対応はしないし、京都の警察はバカばっか。弁護士連れて京都まで行くからな。ただのカネの貸し借りだ。虚偽申告罪で訴えてやるから覚悟しろ! 捕まえられるもんなら捕まえてみろ!」などと、捜査当局や良子さんへの敵がい心をむき出しにすることもあったという。

 

まず感謝があるべきでは

 

取り乱す岡容疑者とLINEでのやり取りを続ける良子さんは、「とりあえずお金を返してほしい。今まで約束を守ってもらえてないのは事実」と指摘。すると、「口座が凍結されているので返すのは不可能。1か月目に1000万、2か月目に300万円などを振り込んでおり、まず感謝があるべきでは」と返事がきた。

 

たしかに2か月で1300万円ほどは振り込まれていたが、良子さんはその10倍近い金額を彼に渡しているし、265万円の時計を購入してやり、その後に500万円も渡している。

 

「投資」に関しては、彼は「元本保証」のうえで月1000万円は「余裕で」利益を出せると言っていた。この利益については月700万円の配当という約束に落ち着いたようだが、2000万~3000万の利益が出るなどと口にしていたこともある。

 

相手の勝手な言い分に対して良子さんは、「“次に会うときは指輪と時計を買いに行こう、良子と良子の母親にマンションを買ってあげる、クレジットカードを渡すからそれで生活をして”と言ってきたことはLINEの履歴にも残っているでしょうから見返されたらどうでしょうか」とLINEで返信している。

 

また、良子さんは「3月に結んだ契約書通りに返金してほしい」と伝えたが、岡容疑者はそれに対して、「何よりも自分がやっている仕事を貴方と警察に詐欺と言われたのが本当に納得出来ていません。だったら、最初からやらないで欲しかった」と言う。

 

一転して謝罪してきた理由

 

さらに良子さんが「お金を返してほしい」と重ねると、FX口座の具体名を出し、「そこに預けてある分を引き出したが銀行口座が凍結されていて引き出せない、お前が悪い」と言ってきたという。しかし実際にそのFX口座での取引履歴はなく、良子さんが「では、どこの銀行口座に引き出したのですか? こちらで調べますので」と伝えると、それには答えないものの、一転して謝罪してきたのだった。

 

その後、岡容疑者自身が警察に電話をし、事態の深刻さに気付いたのか、「電話で謝罪したいから電話に出てほしい」旨のLINEがあった。だが、良子さんは「話す事はありません。私のお金は今どこにありますか?」との質問を続ける。

 

すると、「毎月150万円以上ずつ返済でも良いでしょうか? 元本の1億1500万円ピッタリを返済します」「良子さんにお金返したいので、我儘聞いて欲しいです。一緒に焼肉行きたいです」「本当に大至急返すので」「これしか誠意見せられないんです」などといったメッセージが届いた。

 

「私のお金は今どこに?」の質問には答えていないので、良子さんがその点を尋ね続けると、
「実は自分がしたい別の投資に良子のお金を使ってしまって、10月まで引き出せない」と言ってきた。

 

「何の投資ですか? その投資を本当にされているのか調べますので教えてください」と良子さんが言うと、「一緒に仕事してる友達に迷惑がかけられないから、それは勘弁してください」と言ったという。

 

良子さんは「もう笑ってしまいました」と振り返る。

 

家族もこの件は知っていますし

 

金銭のこととは別に、妻も子供もいるのにそのことを隠して「絶対結婚したい(ハートマーク)」と交際スタート当日にLINEで伝えていたことについての弁明も送られてきた。

 

「(岡容疑者の)家族もこの件は知っていますし、元々不仲で貴方と付き合ったので」と言い、「離婚する予定なので嘘言った覚えもありませんし、誕生日や名前を偽ったのは、好きになった人が銀座のホステスということが怖くて信用できなかった」とのこと。

 

さらに、彼女にも責任があるような言いぶりのLINEも。
「僕のイメージ通りの銀座のホステスって感じなんです。(FXを始めた)初月から、貴方の為に1000万も利益を出し、次は300、そこから(体調不良でFXが十分にできないという)理由も分かっていて(配当の振込が)遅れているのに今の(揉めているという)状況、僕も最大限身を守りたいので、これ以上の誠意の見せ方は出来ないです」

 

かなりとっ散らかっているのだが、ここまでの彼の主張を強引にまとめると、こうなる。
・1億1500万円預かって投資をして、毎月配当を支払うと約束した。実際に1か月目は1000万円、2か月目には300万円払ったではないか。そこは感謝してほしい。
・配当が減ったのは、大きなチャンスに乗ろうとして投資をした結果だ。自分の体調不良も原因だ。
・元本を全額払う意向はある。月150万円以上支払える。
・名前その他を偽っていたのは、あなたが銀座のホステスだから警戒したことなどの理由がある。家族とは不仲でもともと別れるつもりだ。
・僕のわがままを聞いてほしい。大至急お金は返す。一緒に焼肉に行きたい。
・これ以上の誠意は見せられない。


 

連帯保証人はほぼほぼ無理だと

 

もちろん良子さんは、こうした弁明に耳を貸さなかった。
「気持ちがあろうとなかろうと、名前、生年月日を偽られ、結婚の事も隠され、お金を勝手に使われてた事で信頼関係は崩れました。普通そうだと思いますよ。私は何か貴方に嘘をついたことがありますか? 貴方が返せるお金は返してください。あとは、契約書にのっとり返してください」と伝えたが、岡容疑者は「誠意の限界」と言うばかり。

 

その後には、「何もかも、騙す前提で、好き好んで嘘ついてた訳じゃないんですよ。だったらとっくの昔に貴方の前から消えてますよ。貴方とずっと一緒に居たかったし、楽しい事もしたかったけれど、全てにおいてタイミングが悪かっただけです」と伝えてもきたが、良子さんは、「タイミングが悪かったのではなく、貴方が使いこんだのが悪いのです」と指摘し、新たな返済に関する契約書を結ぶ際に連帯保証人を求めた。

 

それへの返信が「探してはみますが、連帯保証人はほぼほぼ無理だと思います」「(会社の社長を務める父親にも)話しましたが無理でしたし、その後探しましたが無理ですね。連帯保証人は絶対に無理だと思います」だった。

 

勘弁してもらうしか無いです

 

岡容疑者が提案する月150万円の返済ペースだと毎月130万円ほどの遅延金が発生することについて問うと、「遅延損害金は申し訳ないですけど、勘弁してもらうしか無いです」「元本1.15億円に対して、150万だけ毎月返済だったら、約6年4ケ月で完済です。これでは遅過ぎる上、納得してもらえないと思うので、毎月150万は確実にして、プラスαという表現にしているんです。プラスαは1000万かもしれないし、額は約束出来ないからです」と言う。

 

出会った頃、口にしていた投資実績に関する景気の良い話はどこへ消えたのか。そもそも投資の実態はあるのか。疑問に思うのが普通だろう。

 

良子さんが繰り返し、「私のお金も含めて使った今回の投資は何という名前のものですか? どこの口座にお金を入れましたか? 自分の口から本当の事を話してください」とメッセージを送ってもこれには答えず終い。「私があげた時計(265万円相当のロレックス)とか売れば少しずつでも返済できると思いますが、時計も手元にないでのですか?」と尋ねても、満足する答えはなかったという。

 

良子さんがこの時計を買わされた時の経緯については【その2】で触れたが、岡容疑者はデートの際に「(元本保証に加えて手数料なしで月の配当が700万円という)あり得ない次元の話してるんだから、少しくらい誠意見せてくれても良くない?」と言って時計をねだっていた。これに対して良子さんの反応が鈍いと、「ホント全然ダメだ。投資もやめとこっか」と不機嫌になったのだった。誠意の欠片でもあるなら、ロレックスを売却して返済に充てるのが筋なのだろうが、実際ロレックスは、プレゼント直後に売却されていたとされる。

 

余罪も含めて捜査中

 

最後に良子さんは「『投資で儲かりますよ』と言われ、お金を渡して、此方(こちら)が、『辞めたいからお金を返してください」と申し出てるのに、元本保証どころか、『他の自分のしたい投資に使ったので、お金ありません』と言われたら、世の中の殆どの方が、普通騙されたと思います」と伝えたが、梨のつぶて。2人のやり取りは決裂で終わった。

 

良子さんは共に病気を抱える両親のため、身を粉にして働いて、ようやく貯めたのが1億円超の現金だった。

 

「私の家の現実を知りながらも、岡は自分の口座が凍結されたとわかるまで、私に対し、母名義の預金の解約やさらなるお金の借り入れ、家の売却などを求め、私にお金を要求してきたのです。私と同じような被害者がたくさんいると警察からうかがっています。これ以上、被害者が増えないためにも、適正な捜査を進めて頂けたら、気持ちがいくらかでも救われます」(良子さん)

 

言うまでもないが投資は自己責任であり、「元本保証、月に1000万円の配当」などという「悪魔の囁き」そのものを疑うべきだったのは間違いない。しかし、だからと言って、ここまでに積み上げられたウソが免罪されるわけではなかろう。LINEなどのやり取りを第三者が冷静に見れば「なぜこんなウソを信じたのか」と思われるだろうが、世の中の多くの詐欺事件ではよく見られる展開であるのもまた事実。

 

逮捕の瞬間、岡容疑者は「サイアク~。全面否認します(笑)」と口にしたとされる。捜査関係者によると「同様の被害を訴えている女性がおり、余罪も含めて捜査中」なのだという。

 

 

36歳女性1億1500万円被害 結婚詐欺疑い会社社長逮捕

令和4年2月10日
NHK - 引用

 

「結婚したい」などとうそを言って信用させ、マッチングアプリで知り合った36歳の女性から、投資名目で1億1500万円をだましとったとして京都府警が34歳の会社社長を逮捕しました。
社長は容疑を否認しているということです。

 

逮捕されたのは、東京・渋谷区に住む会社社長、岡寛仁容疑者(34)です。 警察によりますと、岡社長は去年3月、マッチングアプリで知り合った当時、伏見区に住んでいた36歳の女性にFX投資をすすめ、「やめたくなったら、すぐ返すよ」などとうその説明をして、あわせて1億1500万円をみずからの口座に振り込ませてだまし取ったとして詐欺などの疑いがもたれています。
岡社長は偽名やうその住所を使って既婚者であることを隠し、女性に対しては、「結婚したい」などと伝えて、信用させていたということです。
投資の配当がないことを不審に思った女性が警察に相談し、発覚したということです。
警察の調べに対し、岡社長は「1億1500万円を預かっただけでだましていません」と容疑を否認しているということです。
警察は詳しいいきさつを調べています。

 

 

結婚詐欺、36歳女性が1億1500万円被害 容疑の男逮捕、マッチングアプリで知り合う

令和4年2月9日
京都新聞 - 引用

 

マッチングアプリで知り合った女性に結婚をほのめかして1億1500万円をだまし取ったとして、京都府警伏見署は9日、詐欺などの疑いで、東京都渋谷区の会社社長の男(34)を逮捕した。

 

逮捕容疑は昨年3月、当時、京都市伏見区に住んでいた女性(36)を外国為替証拠金取引(FX)投資に誘い、「やめたくなったら返金する」と虚偽の説明をして、計1億1500万円を自身の銀行口座に振り込ませてだまし取った疑い。「預かっただけ」と容疑を否認しているという。

 

伏見署によると、男は昨年3月に女性と知り合い、虚偽の名前や住所を告げ、既婚を隠した上で「結婚したい」などと伝えていた。女性は投資の配当が振り込まれないため、昨年6月に伏見署に相談していた。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700


 

Copyright © 2022 金融商品相談センター All Rights Reserved.

大阪市中央区谷町2丁目5,0120-048-700

ページの先頭へ戻る